ポッコリお腹をダイエットで原因ごと解消!

気が付いたら学生時代にはなかったポッコリお腹が最近気になり始めたり、体力の衰えを感じ始めたり、そんなあなたへ、ポッコリお腹をダイエットをしながら解消していく方法を説明していきます。

 

今まで履いていたズボンがはけなくなった。
あるいは、気が付いたらお腹が出てきていた。。。など。

 

 

知らず知らずのうちに、体系というものは変わってきてしまいます。
特にお腹が出てくると、老いを感じ始めて、あまり良い気分ではありませんよね?

 

 

そこで、このポッコリお腹をどうやって解消していくのか?という事をこのサイトでは説明していきます。

 

 

病気などではないのに、ポッコリお腹になるという事は、単純に便秘となっているか、内臓脂肪が増えているか、腹筋の筋力が弱まっているかと言う事が考えられます。

 

 

まずは、便秘解消による方法を説明していきます。
人の体の水分のお話しになるのですが、人の体の水分は常に一定量に保たれる仕組みをもっており、一定量以上の水分を摂って初はじめて、不要な量の水分が対外に排出されていく仕組みを持っています。

 

 

これは、単純に体内の水分が不足していると、余分な水分が無いので対外に水分が排出されなくなるという事になります。
さらに人の排泄物も水分が多く含まれているので、水分不足だと排泄されづらくなり、便秘となっていきます。

 

 

こうした事から、便秘解消には水分不足を解消する必要があるという事になります。
特に女性は水分を摂りすぎるとトイレへ立つ機会が増える為、水分補給を敬遠しがちですが、じつはそれが便秘の原因となっています。

 

 

いくら便秘解消の為に食物繊維などの効果のあるものを口にしても水分が不足していては、カラダが外に出そうとはしません。
その為、カラダに必要な一定量以上の水分を摂って排泄を促す必要があるのです。

 

 

便秘によるポッコリお腹であれば、水分補給による便秘解消が近道となります。

 

 

●内臓脂肪や腹筋の衰えによるポッコリお腹の解消
内臓脂肪や、腹筋衰えによるポッコリお腹の場合は、筋トレなどを中心にしたダイエット方法が良いでしょう。

 

 

単純に、内臓の位置は筋肉によって支えられています。
内臓脂肪がついている場合は、ダイエットによって内臓脂肪を減らしていき、腹筋の衰えであれば、腹筋を鍛えて内臓を元の位置に戻してあげる事が必要になります。
特に下腹部の衰えによるポッコリお腹は加齢と共に多くみられますね。

 

 

下腹部は筋トレの他にも、ジョギングやウォーキングなどで足の付け根から下腹部にかけて鍛える事もできるので、有酸素運動と併せて腹筋を鍛えていくと良いでしょう。
また、インナーマッスルを鍛える事でもボディバランスが良くなるので、体幹トレーニングやストレッチなど頻繁に行う事で美しい体系を目指す事もできます。

 

 

●脂肪はなぜ溜まる?
ポッコリお腹の解消方法とともに、なぜお腹に脂肪が溜まるのか?という事をしっておくと良いでしょう。

 

 

これは、糖質を摂ると脂肪が溜まりやすいという事から説明します。
わたしたちの体のエネルギーとして即効性のある栄養素は糖質です。
この糖質は口に入れてから、どの栄養素よりも体のエネルギーに変換されやすいのですが、この糖質がエネルギーとして使われずに余ってしまうと脂肪としてお腹に溜まっていってしまうのです。

 

 

糖質は脂肪の元となりますが、体のエネルギーなので、摂らないわけにはいきません。
その為、糖質は適度に摂っておく必要があります。
この糖質は主に炭水化物に多く含まれており、ごはん・パン・麺類などが主な炭水化物に入ります。
そのほかの糖質としては、お菓子や果物なども挙げられます。

 

 

こうして挙げてみると、ダイエットをしていく場合に控えるべき食べ物としても説明される場合がよくありますね。
こういった糖質はなるべく摂り過ぎないように注意しましょう。

 

 

糖質が摂取されると、分解されてカラダ中を巡り、エネルギーとして使われていきます。
この時に余った糖分がお腹の脂肪として蓄積されていくのですが、この糖質の摂取をセーブするか、運動をして消費エネルギー量を上げていけば脂肪がたまらない様になる事は、前にも説明しましたが、その他の脂肪燃焼の方法としては、基礎代謝を高める事で、ポッコリお腹の解消を促す事もできます。

 

 

基礎代謝とは、カラダが静止している状態でも自然的にエネルギーを消費していく事を言います。
それは、呼吸しているときの動きや、目を動かしたり、話しをしているときの動きなどから消費されて、筋肉量が多ければ多いほどエネルギー消費量は向上され基礎代謝が高まっていくのです。
その為、基礎代謝を上げるには、筋トレが必要となり、筋トレによる筋肉増量で基礎代謝量が上がり、ポッコリお腹の解消へと役立っていくのです。
その為、腹筋だけではなく、腕立てや背筋やスクワットなどの筋トレも織り交ぜてカラダ全体の筋力を上げていくようにしていきましょう。

 

 

また、筋肉はタンパク質からできているので、食事はタンパク質を多く含む鶏肉・牛肉・豚肉をなるべく摂っていきましょう。
そのほかにも、魚や大豆製品にも多くのタンパク質が含まれていますので、食事のバランスを考えながら、糖質は少なめ、タンパク質は多めの食事内容にしていきましょう。

 

栄養バランスを考えると、こちらのリバウンドしないためには、このダイエット方法が必要!!を参考にしてみるといいかもしれないですね。